第二新卒でスタートアップへ!別業界への転職と必要スキル

第二新卒全般
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

第二新卒で別業界に転職することを考えている人はどの業界に行くのか、どんな企業に転職するか悩むところだと思います。まだ自分がやったことのない新しいチャレンジに挑戦してみたい人には、スタートアップ企業への転職をおすすめします。このページではスタートアップ企業とは何か、どのように転職したら良いのか、どんなスキルが必要なのかといったことを解説します。

第二新卒で別業界に転職して新しいチャレンジをしたいなら

大学を卒業して就職したものの、今の企業に合っていない、別の業界に転職したいと考えている人はいませんか?別業界にチャレンジするのはとても良いことですが、一方で一定のハードルを感じる人もいるかもしれません。また、まだ自分が経験したことのないような新しいチャレンジをしてみたいと思っている人も多いでしょう。そう感じているなら是非スタートアップ企業への転職を考えてみてください

スタートアップ企業とは

スタートアップ企業とは短期間で急成長し、新しいビジネスを展開する企業

スタートアップ企業とは、これまでになかったビジネスモデルを使って新しいサービスや製品を提供する新興企業のことを指します。ベンチャー企業と似たような意味で使われることも多いですが、ベンチャー企業は和製英語です。ベンチャー企業と比べてスタートアップ企業はより「短期間で急成長」しているイメージが強いです。勢いそのままに成長を続けて株式上場したり、大企業に買収されたりするケースもあれば、途中でビジネスがうまくいかなくなってしまうケースもあります。

スタートアップ企業にはどんな企業がある?

新しいビジネスやサービスは急成長しているIT業界に多く、そのためスタートアップ企業もIT業界に多いです。スタートアップ企業は「企業して数年で急成長している会社」を指すので、ありとあらゆる企業はスタートアップであった時期があります。現在世界で最も有名な企業であるGoogleやAppleなども元々は小さなスタートアップ企業でした。IT業界は成長を続けており、入れ替わりも激しいことから、IT業界のスタートアップ企業は事業を急拡大させて大成功を収めることができる可能性もあり、非常にチャレンジングな職場でしょう。

新しいことにチャレンジしたい人、将来大きな成功を収めたい人はスタートアップ企業への転職を考えてみましょう。

第二新卒で別業界に転職したいならスタートアップ企業がおすすめ

人手が足りていないスタートアップ企業も多い

第二新卒で別業界への転職先としてスタートアップ企業をおすすめする理由の1つに、スタートアップ企業の人手が足りていないことが挙げられます。スタートアップ企業はビジネスを短期間で急拡大させているため、マンパワーが足りていないのが実情です。そのため求人も非常に多く、転職できるチャンスが多いでしょう。

別業界出身で未経験でも積極的に採用してくれる

前述したとおり、スタートアップ企業は人手が足りていないため、別業界出身でも熱意があれば積極的に採用してくれます。また、スタートアップ企業自体新しいビジネスを展開しているため、別業界での経験や別の視点が求められる場合もあります。別業界への転職を目指すならスタートアップ企業の方が成功しやすいでしょう。

アルバイトやインターンという形でスタートすることも

スタートアップ企業といっても様々な企業があり、実際の業務がどのようなものか分からない人も多いでしょう。そういう人はアルバイトやインターンといった形で仕事をスタートし、自分のやりたいことや条件に合っていると感じてから正社員になるという方法もあります。大手企業よりも採用プロセスなどが比較的フレキシブルなので、それもおすすめする理由です。

スタートアップ企業に転職するために必要なスキル・能力3選!

スタートアップ企業は転職できる可能性が高いと書きましたが、本当に転職できるのか、特別なスキルが求められるのではないかと不安に感じていませんか?以下にいくつか必要なスキルや能力をリストアップします。

熱意とチャレンジ精神

スタートアップ企業への転職で最も大切なのは細かいスキルではなく、熱意とチャレンジ精神です。新しいビジネスモデルを展開するスタートアップ企業にとって、新しいチャレンジをしたいと欲する人が一番欲しい人材です。面接の時にはこの熱意とチャレンジ精神をしっかりアピールしましょう。

コミュニケーション能力・チームワーク

スタートアップ企業は大手企業に比べて社員が少ないため、事業を成長させつづけるためにはチームで連携して動き、物事に迅速に対応しなければなりません。そのためにも深いコミュニケーションや、目標を達成するためにチームで一体となって動くことが必要となってきます。スタートアップ企業ではコミュニケーション能力は絶対に求められますし、良いチームワークを築く必要があります。逆に、自分と雰囲気が合わないスタートアップ企業では良いチームワークを築くのが難しく、その中で仕事を続けるのも大変なので、自分と社風が合う企業に転職しましょう。

エクセルやプレゼンテーションなどのビジネススキル

スタートアップ企業はIT業界に多いため、データ分析などの仕事が多く、エクセルなどのスキルやプレゼンテーションスキルが求められます。実際、筆者はスタートアップ企業でアルバイトをしていた時期、エクセルやSQL、gitなどのツールを用いてデータ分析などをしていました。しかし、これらのスキルは実際の仕事を通じて身につけることができ、スタートアップ企業の上司も丁寧に指導してくれることが多いです。これらのビジネススキルがないことをあまり深く心配する必要はありません

スタートアップ企業への転職方法3つ!

ではスタートアップ企業に転職するにはどうしたら良いでしょうか?そのやり方を3通りご紹介します。

転職サイトに登録する

まずすべきことは転職サイトに登録することです。転職サイトは無料で利用でき、リクナビネクストdodaマイナビなどがあります。全国の求人を検索できる他、自分にあった転職エージェントを見つけることも可能なので、是非登録してください。


<マイナビエージェントへの登録はこちら>

転職エージェントに登録する

転職サイトと同様、転職エージェントへの登録はマストになります。転職エージェントは無料で利用でき、登録することで、

  • 自分にあった求人を紹介してくれる(非公開を含む)
  • 転職や今後のキャリアについて相談に乗ってくれる
  • 面接対策をしてくれる

などのサービスを受けることができるため、転職を成功させるために絶対に欠かせません。いわば、転職を成功させるためのパートナーのような存在です。是非登録してください。

おすすめの転職エージェントはキャリアスタートです。

キャリアスタートは第二新卒の転職を専門とする転職エージェントで、非常に口コミの評価や満足度も高いです。「面接対策を時間をかけて行ってくれた」「プライベートを含めた不安や悩み事の相談にも乗ってくれた」など、非常に手厚いサポートをしてくれます。独自案件などもたくさん持っているため、スタートアップ企業への転職もスムーズに行えます。筆者いちおしなので是非登録しましょう。

<まずは無料で相談!【キャリアスタート】への登録はこちら>

知り合いに紹介してもらう

もし興味のある企業で働いている知り合いがいる場合、転職するための方法で最も転職の成功確率が高いのはその企業で働いている知人に紹介してもらうことです。スタートアップ企業は大手企業と比べて比較的採用もフレキシブルなので、例えばアルバイトやインターンといった形で紹介してもらうことも可能です。ただ1点注意点としては、その知り合いの人との関係性やその人の社内での立場を考えると内定を断るのは非常に難しいので、慎重にしましょう。

チャレンジ精神溢れる人は是非スタートアップへ!

スタートアップ企業は新しいビジネスモデルを展開する新しい企業なので、常に人材を欲しています。新しいことにチャレンジしたい人はスタートアップ企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職サイトや転職エージェントへの登録は忘れずに!