【20代や第二新卒で転職】公務員から民間企業に転職できる?

公務員からの転職

かつては人気の職業・業種であった国家公務員や地方公務員。公務員は雇用元がつぶれず、クビにもならないので生涯安定というイメージが定着しています。

しかし近年は世間の風当たりも強く、決して「安定」している仕事とは言えません。また、仕事内容に変化がなく単調なため、仕事にやりがいがなく面白くない、つまらないと感じる人も多いのではないでしょうか?

このページでは

「新卒で公務員になったけれどやっぱり別の仕事をやりたい!」

「公務員を辞めて民間企業に転職したい!」

と考えている人が、20代や第二新卒で公務員から民間企業に転職するにはどうしたらよいのかを解説していきます。

 

公務員に就職したけれど辞めたいと感じる人は多い

新卒などで国家公務員や地方公務員に就職したものの、仕事が思っていたものと違うと感じていませんか?

国家公務員や地方公務員、教師、郵便局員や電力会社の社員などの準公務員(みなし公務員)は一見すると安定していて魅力的な職業であるように感じられます。

しかし、実際には公務員にはデメリットも多く、より上を目指したい人には向いていない職種であり、公務員から転職をしたいと考えている人も多いようです。

ここでは公務員として働いている人がどのように感じているか、どのようなデメリットがあるのかをまとめてみます。

公務員の仕事が面白くない、きつい

国家公務員・地方公務員の試験に合格して、無事公務員としての仕事がスタート!自分が国や地方を変えてやる!と強く意気込んでいる人もいれば、安定した仕事につけた!と感じている人もいるでしょう。

ただそういったポジティブな気持ちも束の間、すぐに公務員の仕事にうんざりしてしまう新卒や20代はかなり多いようです。

無限に振られるタスク、全く生産的でない非効率的な仕事内容、政治家や上司の意向にただ従う日々。

思い描いていた公務員の仕事とはかけ離れたかなりきつい現実を見て、「果たしてこの仕事に意味があるのか?」と疑問が湧く人も多いです。

いくら安定した仕事であるとはいえ、最近は公務員への世間の風当たりも強く、一生懸命働いているのに給料やボーナスは下げられてばかり

また、仕事内容にも変化がないためあまり面白くなく、やりがいを感じなくなってしまう人もいます。

このまま一生公務員で大丈夫なのか、民間の方が良かったのでは、と不安になるのは自然なことだと思います。

 

公務員社会に長くいると時代遅れになってしまうかも…

日本社会は古いと言われていますが、中でも公務員の社会は特に古い環境でしょう。

同じようなルーチンワークが多いため仕事内容も大きく変わらず、景気やITトレンドなどに左右されません。そのため、自分をあまり変える必要がありません。

公務員は一見楽な仕事であるように見えますが、実際には知識・スキルともに気づかないうちにどんどん時代遅れになってしまいます。

また、仕事内容が変わらないこともあってか、公務員組織の体制が変わることもないです。

結果として若手の意見が通りにくい構造も変わらず、上司や政治家に言われたことをそのまま行うという仕事がほとんどでしょう。

  • 若手の意見が通らない風通しの悪い縦社会
  • 政治家や上の立場の人の意向によって振り回される仕事
  • いつまでたってもデジタル化が進まず紙ベースで動くシステム

こういった環境は正直なところ時代遅れです。

新型コロナウイルス時の特別給付金の手続きでもこういった時代遅れなシステムは露呈していました。システム設計が不十分であるために、役所の作業現場ではオンラインで提出された申請書を結局全て印刷してチェックしていたことは記憶に新しいでしょう。

しかし残念なことに何年もいるとこのような環境に慣れてしまい、自分が時代遅れになってしまう可能性があります。

 

公務員のメリットとデメリット

ここで、国家公務員や地方公務員として働くことのメリットとデメリットをみてみましょう。

これらはほんの一例ですが、民間企業との違いがわかると思います。

項目メリットとデメリット
メリット
  • 終身雇用。クビになることはほぼなく、安定している。
  • 全体的にはやや高めの収入を得られる。
  • 景気に左右されない。
  • 自分が変わる必要があまりなく、ルーチンワークが多いため楽な環境である。
  • 年功序列なので、待てば昇格できる。
デメリット
  • 高年収を得ることはできない。
  • 仕事内容が単調で変わり映えしない。
  • 縦社会の古い環境で、上下関係が面倒臭い。
  • 仕事内容が非効率的で生産性がないこともある。
  • スキルや考え方が時代遅れになってしまう。
  • 副業が禁止されている。

 

また、公務員と民間企業の比較をしてみると以下の表のようになります。

 

項目公務員民間企業
年収やや高め。様々。努力次第で高収入に。
安定性かなり安定。
終身雇用。
企業によるが、終身雇用は減少中。
社会的信用高い。
住宅や車のローンを組みやすい。
公務員よりも低め。
副業原則禁止。副業できる。
出世のしやすさ遅い。年功序列。
上司との良い関係や職場内政治も必要
比較的早い。実力主義。
職場の上下関係完全なる年功序列。比較的実力主義
仕事内容ほぼ変わらない。IT技術などで変わりやすい。
企業や業種によって様々。
働き方定時で帰れることが多いが、
職種によってはかなり激務。
企業によって異なる。
フレキシブルに働けるところも。
求められるスキルあまり求められない。
手に職がつかない。
企業によるが多ければ多いほど良い。
職種によっては手に職がつく。

いかがでしょうか?

もちろん安定していることや社会的信用が高いこと、職種によっては仕事が楽なことは大きなメリットですし、そこに魅力を感じている人は今のままの仕事を続けるのが良いと思います。

ただ、少しでもこういった古臭い社会や変わらない環境に違和感・嫌気を感じている人、もっと時代の先端を生きていきたい人、もっと上を目指していきたい人は、手遅れになる前に早めに公務員から転職してより自由度の高い仕事や職種に就くことがオススメです。

 

第二新卒の公務員とは?第二新卒で転職できる?

第二新卒とは一般的に「学校を卒業して社会人になってから数年で転職を考えている求職者、20代で転職を考えている人」のことを指します。しかし、具体的な年齢や社会人歴が決まっているわけではありません。

第二新卒の公務員は、大雑把に言えば大学などの学校を卒業した後、数年以内に転職を目指す公務員のことを指します。広く捉えれば20代で転職をしようとしている公務員です。

民間企業に在籍する20代や第二新卒が転職できるように、第二新卒や20代の公務員もちろん転職可能です

公務員からの転職先は民間企業がほとんどですが、一般的には「公務員から民間」の転職は、「民間から民間」の転職よりも難しい、厳しいといわれています。

公務員からの転職が難しいと言われているのはなぜでしょうか?

ここから先ではその理由や公務員から民間企業への転職方法を具体的に説明したいと思います。

 

公務員から民間企業への転職はできる?難しい?

公務員から民間に転職
「公務員を辞めて民間企業への転職にチャレンジしよう」といっても本当に転職できるのか、どうやって転職したらよいのか疑問に思う人もいると思います。

ここでは実際に転職可能なのか、転職するための方法を解説します。

 

公務員から民間へ転職を希望する人は多い

実は近年公務員から転職して民間企業で働きたいと考えている人が増えています。

その理由は大きく分けて以下の2つ挙げられるでしょう。

  • 公務員の古い社会や雰囲気が合わない。
  • 公務員の仕事がおいしくない。

まず1つ目は公務員の仕事や古い縦社会に嫌気を感じている人が多いからです。

非効率で量の多い仕事で精神的に参ってしまう人も多いです。特に新卒含む若手や20代はこき使われて残業も多く、肉体的にも精神的にもかなりきついです。

2つ目の理由としては、「一生安定」と言われていた公務員という仕事のメリットや将来性がなくなってきたからです。

最近世間からの風当たりが強く、何かあるたびに公務員の給料やポーナスは下げられています。クビになることが極めて少ないとはいえ、異動などはもちろんあります。

 

まとめると、

待遇が悪化している中、もはや公務員はおいしい仕事ではなく、逆に魅力のない仕事になっている。

このような理由から、公務員からの転職で民間企業に行きたいと考えている人は増える一方です。

もしあなたが公務員の仕事を続けるか悩んでいても、それはあなただけではないので安心して下さい。

 

公務員から民間企業への転職は20代や第二新卒がチャンス

公務員から民間企業への転職はもちろん可能ですが、一般的に「公務員から民間の転職は難しい、きつい」と言われています。

公務員からの転職がきついと言われる理由はいくつかありますが、例えば以下のような理由です。

  • 公務員の仕事の性質上自分の成果としてアピールできることが限られるため、転職する際に前職での自分の成果がアピールしにくい
  • 古臭い環境の中に長いこといたためにスキルや考え方が時代遅れになりすぎてしまっていている

公務員から民間企業への転職は公務員という仕事に長くいればいるほど難易度は高くなるでしょう。

しかし、逆に言えば若いうちであれば時代遅れになりにくく、また公務員を辞めて転職しようとしている熱意に期待して採用してくれる企業も多いです。

公務員から転職するなら20代や第二新卒などの早いうちにしてしまう方が良いですし、成功する可能性が高いです。

若ければ若いほどやり直しがききます。

公務員から民間企業に転職するには20代や第二新卒がチャンスと言えるでしょう。

 

民間企業が求める人材とは?

公務員とは異なり、民間企業にとって最も重要なことは利益を出すことです。

そのため民間企業では公務員とは異なる人材が求められます。

民間企業ではチャレンジ精神や臨機応変な対応力、柔軟な思考力などを持った人が求められます。

その他にもエクセルやプログラミングなどのスキルが求められる場合があります。また、簿記などの資格を持っていると転職に有利に働きます。

民間企業にとっては「この人を採用することでより利益を生み出せるかどうか」が採用の基準となるので、上記のような力やスキルを持っているとより転職が成功しやすいでしょう。

 

公務員から民間への転職は入社後もきついと言われるのはなぜか

公務員から民間への転職は20代や第二新卒など早ければ転職が成功しやすく、若ければ若いほどやり直しがききやすいということを書きました。

では、実際に民間に転職した後はどうなのでしょうか?

公務員から転職して民間企業に行くのは、全く異なる職種・業界に行くことになるので、当然転職活動中や転職した後にきついと感じることは多いです。

そのため、民間に行くなら20代や第二新卒といった早めの時期をおすすめします。

入社した後、最初はきついと感じることも多い

公務員と民間企業は仕事内容も職場環境も全然違いますし、仕事に対する意識も違います。

というのも、民間企業は利益や売上を出すことが大きな目的の1つであり、仕事の根本的な目標が公務員とは異なります。

そのため、実際に民間に転職して入社た後にきついと感じることも多いでしょう。

理由としては

  1. 民間企業のスピードについていけない
  2. コストや経費への意識が足りない
  3. 最初のうちは給料が下がる可能性がある

などが挙げられます。

特に民間企業では、公務員よりもルーチンワークは減り、状況によって臨機応変に働かなければならなりません。

公務員から民間企業への転職は決して甘くないのです。

そのため、入社した後のことを考えても、公務員を辞めて民間に転職するには20代や第二新卒といった早い時期の方がおすすめです。

20代といった若手の頃の方が環境変化にも対応しやすく、民間に行ったとしても上手くいく可能性が高いからです。

 

転職や入社する前にしておいたことが良いことは?

民間企業に入社した後きついなら早めに対策しておきたいという人もいるでしょう。

では実際に転職する前に何かしておいたことが良いことはあるでしょうか?

 

まずは転職エージェントに相談しよう

後述しますが、まずは民間企業に転職したいことを転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントは無料で利用でき、志望動機のブラッシュアップや面接などの対策をサポートしてくれるだけでなく、転職・入社前にどのようなことをしておけば良いかもアドバイスしてくれます。

まずは転職のプロであるエージェントに相談してみましょう。

 

スキルや資格を取っておくと良いことも

これは必須のことではなく、余裕があればの話ですが、転職をする前にビジネススキルや資格を取っておくと入社した後の強みにもなるのでおすすめです。

また、そういった資格は転職の時のアピールポイントにもなります。

例えばエクセルや簡単なプログラミング、プレゼンといったスキルであったり、簿記などの資格は民間企業ではかなり役に立ちます。

余力があればぜひチャレンジしてみてください。

 

スキル取得ならUdemyがおすすめ

Udemy

転職に向けてビジネススキルを取得したい人はUdemyというオンライン学習サービスがおすすめです。

月額いくらという形ではなく、コースごとに金額が発生するので、必要な分だけのコストで済みます。

コースの種類も豊富なのでぜひ利用してみてください。

Udemyへの無料登録はこちら

まずは自分がどんな仕事をしたいのかを考えよう

官僚や地方公務員から民間企業への転職は簡単にできるものではないです。

また、一旦民間企業への転職に成功したとしても、やっぱり嫌になって「公務員に戻りたい」「別の企業に転職したい」と思っても難しいです。

そのため、転職活動を始める前にまずは自分のことをしっかりと見つめ直して、何がしたいのか、どうありたいのかをじっくりと考えましょう

仕事内容や職場環境などの希望を整理しよう

公務員から転職するといっても、民間企業には数えきれないほど業種・企業があります。

「なんとなく民間企業に」では自分にあった仕事は見つかりませんし、転職活動も上手くいかないでしょう。

まずは以下のことを時間をかけて整理しましょう。

  • 自分がどういった分野や業界に興味を持っているのか
  • どんな仕事をしてみたいのか
  • どのような仕事条件や職場環境を希望するのか

ビジネスの世界は非常に厳しい世界なので、中途半端ではダメです。

転職活動を始める前にある程度しっかりと自分の軸を持つようにしましょう。

もし不安がある場合は後述の転職エージェントと相談してみてください。

どんな民間企業があるのかリサーチしよう

ある程度自分の興味のある業種・職種が決まったとしても、その中でも数多くの民間企業があります。

大企業なのかベンチャーなのか、元請けなのか下請けなのか、顧客が個人なのか企業なのか、などです。

どのような企業があるのか、どのような業務をしているのか、どのようなポジションがあるのかといったこともリサーチすることもオススメします。

また、自力で業種や職種を調べようと思っても限界はありますし、きついと思います。

そのような時には、転職のプロであるエージェントの方に相談してみて、実際の働き方や給与、キャリアなどを事前に教えてもらいましょう。

 

こちらのページに公務員からの転職先としておすすめの職種・業種を紹介していますので、是非一度チェックしてみてください。

 

民間企業への転職をするには転職エージェントを利用すべき

ある程度自分の希望や軸が決まってきたら無料で利用できる転職エージェントに登録して相談や求人の紹介をしてもらいましょう。

もちろん、自分の希望がはっきりしていない段階で登録・相談しても大丈夫です。転職エージェントごとにそれぞれ特徴がありますから、自分の希望や条件にあったエージェントに相談してみてください。

あなたにあった求人を無料で紹介してくれる

民間企業への転職を考えている人が転職エージェントを利用するべき最大の理由は無料で求人を紹介してくれる点です。

自力で転職サイトに登録して求人を探そうと思っても限界はあります。

そのため、ある程度あなたの仕事や年収、職場環境などの希望や条件を把握した上で、あなたに合った求人を紹介してくれる転職エージェントはおすすめです。

中には一般公開していない非公開求人を紹介してくれるエージェントもあるので、積極的に利用しましょう。

転職エージェントの見つけ方としては

      1. 転職サイトに登録しサイト上でエージェントを見つけるやり方
      2. 直接転職エージェントに連絡を取るやり方

があります。こちらにオススメの転職サイトと転職エージェントを紹介しているので是非参考にしてください。

面接対策などもエージェントを使えばばっちり。キャリアや人生の相談も!

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけでなく、面接対策をしてくれるところもあります。

「なぜこの企業を志望するのか」「なぜ公務員をやめたいのか」といった志望動機をしっかり言えるかどうかが、公務員から民間企業への転職の成功の鍵となります

自分1人で考えても良いのですが、転職のプロであるエージェントのアドバイスを貰った方が間違いないでしょう。

その他にもどのようなスキルや資格を身に付けておいた方がよいのか、どのような質問が聞かれるのか、どのように自己PRをしたら良いのか、といった情報をエージェントが教えてくれることもあります。

また、直近の転職だけでなく、長い目で見て今後の人生やキャリアをどう構築していくか、どのような方向性を持たせるかといったことの相談にも乗ってくれます。

転職エージェントを利用すれば転職の成功の可能性がグッと上がります。無料だし利用しない手はない!

 

公務員から民間に転職する人におすすめの転職サイト・エージェント

ここからは公務員から民間企業に転職する人におすすめの転職サイトと転職エージェントを一部ご紹介します。

それぞれ特徴があるので比較して自分の希望に合うものを利用してみましょう。

また、転職エージェントにはそれぞれ独自の求人を持っているので、よりたくさんの求人を見てみたいという人は複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

良い転職ができるかどうかは良い転職エージェントに巡り合えるかどうかです。

もし自分に合わないなと感じたり、自分の条件に合う求人がないなと感じたりしたら、担当者を変えてもらうか、別の転職エージェントに登録してみましょう

     

    マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    1つ目にご紹介するのは、大手転職エージェントであるマイナビエージェントです。

    マイナビエージェントは有名な転職サイトの株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

    大手転職エージェントであるため、大企業の求人やハイクラス求人など幅広い職種の求人を多く持っているため、公務員からの転職にもおすすめです。

    また、全国対応している転職エージェントであるため、首都圏だけでなく地方の求人も多く、地方公務員の人にもおすすめです。

    どこか1つ登録するならひとまずこちらに無料登録してみましょう。

    マイナビエージェント公式サイトはこちら
    マイナビエージェントの詳細はこちら

     

    ハイクラス求人や大手企業の求人など幅広い求人を持つ大手転職エージェントはこちらのページで詳しく紹介していますから、是非こちらの記事もチェックしてみてください。

     

     

    キャリアスタート

    キャリアスタート

    キャリアスタートは20代や第二新卒を専門とする転職エージェントの1つです。

    キャリアスタートのおすすめポイントとしては転職サポートだけでなく、強み診断や価値観診断・キャリア形成といった相談をマンツーマンで行ってくれる点です。

    第二新卒専門の転職エージェントの中でも履歴書作成や面接の対策などのサポートがかなり手厚く、口コミ評価の非常に高いです

    そのため、「転職後に定着できるのか」「キャリアをどうしていけばいいのか」といった不安も少なく転職活動に集中することができます。

    公務員を辞めて別の業界や職種の仕事をしたいけれどまだ自分のやりたいことがよくわからないという人や、どのように転職活動を進めれば良いのかわからず不安を感じている人におすすめです。

     

    キャリアスタート公式サイトはこちら
    キャリアスタートの詳細はこちら

    ミイダス

    ミイダス

    手軽に利用できるサービスとしてMIIDAS(ミイダス) があります。

    このアプリでは自分の市場価値をデータ分析し、あなたの能力やスキルを求める企業から直接オファーが届くサービスです。

    自分で求人を探すことも可能です。

    転職することにハードルを感じている人は、気軽に利用できるのでまずはこちらに登録してみるところからスタートしても良いでしょう。

     

    MIIDAS(ミイダス)への登録はこちら

    公務員から民間企業への転職は若いうちに!

    公務員から民間企業へ転職する道は決して簡単な道のりではないです。

    ただ、転職をするのであれば20代や第二新卒など若いうちにする方が可能性は高く、多くの選択肢が残されています。

    公務員という仕事に不安などのマイナスの感情を少しでも抱いているのならば、思い切って転職してしまうのも良いでしょう。

    もし転職するとなった時にはこのページで紹介したような転職サイトや転職エージェントを活用してください!

     

    家族など周りの人が公務員からの転職をよく思わないかもしれませんが、あなたが後悔しない道を選んでください。

     

     

    よくある質問

    はい、もちろん可能です。ただ年齢が上がるにつれて難易度も上がるので、転職にチャレンジするなら20代や第二新卒などの若い時期にしましょう。
    資格は必須ではありません。ただ、資格やスキルはあった方が有利なのは間違いありません。職種や業種にもよりますが、おすすめは簿記です。比較的取得しやすく、独学でも勉強できます。
    どのように転職活動をすればよいかわからない人は転職エージェントに相談しましょう。転職に関する全般的な相談や面接対策などでサポートしてくれます。