【飲食業界からの転職先】おすすめ職種5選と転職のコツ3つ

飲食業界からの転職
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

そろそろ飲食業界から転職しようかな…と思っていませんか?もともと入れ替わり激しい業界ですが、コロナ影響もあり、飲食業界は厳しくなっています。儲からない状況が続いていますね。そんな飲食業界から別業界へ転職を考えた時に、どのような職種がおすすめなかをいくつかまとめてみました。

飲食業界から転職するのに最適な職種・業界

さっそくですが、飲食業界から転職する場合、どのような道があるのかをご紹介します。具体的に飲食業界から転職するのに最適な職種・業界は以下の通りです。

  • 営業職
  • 別業界の接客業
  • 介護職
  • 事務職
  • エンジニア

ではそれぞれの職について詳しく紹介していきます。

営業職

一番の選択肢は営業職です。

というのも、営業は未経験でもできる仕事ですし、飲食業で培った対人関係のスキルも活かしやすいからです。

また、ほとんどの企業が営業マンを必要としているため、営業マンの募集も多く、転職も比較的容易です。

営業職への転職はこちらのベンチャーセールスがおすすめです。

 

別業界の接客業

洋服販売やウエディング事業などの別業界での接客は、前職での接客経験を生かすことができます。

比較的忙しい業界ではありますが、その業界に興味があり、人の幸せに関わりたいと思っている方におすすめです。

介護職

高齢化が進む日本では、介護業界が拡大しており、介護人材が不足し続けているため、積極的に採用しています。

まずは「介護職員初任者研修」の資格を取得し、経験を積みながら「介護福祉士」や「ケアマネジャー」などの上位資格を取得することで、キャリアアップを目指すことができます。

事務職

ワークライフバランスを重視する方には、事務職(オフィスワーカー)がおすすめです。

定時に帰れることに加えて、事務職は土日休みであることが多いので、自分の時間を確保しやすいです。

また、オフィスワーカーは一見地味で静かな仕事に見えますが、事務員や他部署との連携が必要なため、高いコミュニケーション能力が求められる仕事でもあります。

そのため、前職で培ったコミュニケーション能力が活かされると言えるでしょう。

エンジニア

最近デジタル化が進んでいることもあり、エンジニア職は非常に人気です。

IT・ネットワークエンジニアへの転職であれば、未経験でも受け入れてくれる企業はたくさんあります

ただ、最初の2〜3年は夜間のメンテナンスを行うケースもあり、プログラミングと向き合い、学ぶ覚悟も必要です。

飲食業界からの転職を成功させるために必要なこととは?

ここまでは飲食業界から転職先としておすすめ職種を紹介しました。では実際に転職するとなったとき、どのようなことに留意すればいいのでしょうか。具体的なポイントは以下の通りです。

  • 仕事をしながら転職活動をしよう
  • 就職活動の期限を決めて計画を立てよう
  • 就職活動を効率的に行うならプロに相談しよう

ではそれぞれの内容について詳しく紹介していきましょう。

仕事をしながら転職活動をしよう

転職活動をする際は、仕事を辞めてからではなく、在職中に行うべきです。なぜなら、転職先を納得して決めることができるからです。

安定した年収があるからこそ、経済的に余裕のある状態で就職活動を行うことができます。そして現在の仕事と新しい会社を比較検討することができます。

また万が一、新しい仕事が見つからなくても、現在の職場で働き続けることができます。

一方で、在職中の転職活動は時間が限られているため、効率的に転職活動を行えることが重要です。

そこで、無料で仕事選びに必要な手続きやサポートをしてくれる「転職エージェント」を活用するとよいでしょう。(こちらについては後々詳しく紹介します)

就職活動の期限を決めて計画を立てよう

転職活動では、一定の期限を設けて活動することが大切です

ざっくりとでもいいので、先にタイムラインを決めておくことが大切です。

というのも、期限を決めないと書類の準備など、すべての作業を徐々に先延ばしにしてしまう可能性があります。

中途半端な姿勢で就職活動に臨むと、途中で勢いがなくなってしまうことがあります。

転職そのものを中途半端に諦めてしまうかもしれません。

就職活動の期間は、3ヶ月程度、長くても6ヶ月を目安にしてください

就職活動を効率的に行うならプロに相談しよう

転職を有利に進めたいのであれば、転職エージェントに相談することをおすすめします

転職エージェントとは、求職者一人一人にキャリアカウンセラーが付き、転職活動をサポートするサービスです。

仕事の紹介から面接対策まで、総合的な就職支援を行っています。

転職エージェントの利用をお勧めする最大の理由は、「転職しようか迷っています」と言った時から真剣に対応してくれるからです。つまり転職するかどうか確定していなかったとしても手伝ってくれるわけです。

そのため、今後の飲食業界でのキャリアに不安を感じている方、転職すべきかどうか迷っている方は、転職エージェントのアドバイスを受けることをおすすめします

なお、転職エージェントを利用することで、以下のサポートを無料で受けることができます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成と添削
  • 求人応募のプロセスを代行
  • 面談の手配
  • 給料などの交渉
  • 雇用契約書の確認
  • 雇用に関する手続き

転職エージェントの担当コンサルタントは、多くの人の転職指導を成功させてきた実績があり、自分を磨くことで採用される確率を上げる方法を知っています。

個々のニーズに応じて、就職活動に関する具体的なアドバイスをしてくれます。

必ず力になってくれますし、無料で利用できるので是非相談してみてください。

おすすめ転職サイト・転職エージェント
第二新卒が転職を上手に進めていくためのおすすめ転職サイトと転職エージェントを紹介します。

飲食業界の転職先おすすめは5つ

今回は飲食業界から転職先としておすすめの職種を紹介しました。あらためてピックアップすると以下の通りです。

  • 営業職
  • 別業界の接客業
  • 介護職
  • 事務職
  • エンジニア

そして、これらの転職先にうまく就職するためのポイントは以下の通りです。

  • 仕事をしながら転職活動をしよう
  • 就職活動の期限を決めて計画を立てよう
  • 就職活動を効率的に行うならプロに相談しよう

将来を考えて年収アップなどを考えている人は、是非転職という選択肢を考えてみてください。

転職エージェントなどのサービスをつかえば、満足いく転職ができるでしょう。