【飲食店勤務から転職】キャリアアップと年収アップのために

飲食業界からの転職
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

厳しい状況が続いている飲食業界。飲食店に勤務している人の中にはこのまま今の仕事を続けても大丈夫なのか不安に感じている人も多いと思います。今後の安定したキャリアや収入アップを目指すのであれば別業界に転職することをおすすめします。おすすめの転職サイトや転職エージェントも合わせてご紹介!

飲食業界の現状と今後は?

現在飲食業界は非常に厳しい状態

現在、飲食業界は非常に厳しい状況にあります。もともと飲食は競争が激しく、店やトレンドの入れ替わりが多いため安定して収益を伸ばすのが難しい産業です。その上、景気が一向に良くならず外食への支出が減り、人件費(レイバーコスト)やテナント料も上昇しているため利益がなかなか出せないのが実情です。さらに新型コロナウイルスによる影響は大きく、ロックダウン期間中に営業ができなかっただけでなく、外食が自粛されたり、感染対策のための費用がかさんだりしているため、飲食業界はますます厳しくなっています。

飲食業界の今後は?

新型コロナウイルスの収束はすぐに見込めず、収束後もしばらくは客が戻らないことが予想されるため、今後も飲食業界が厳しいことには変わりはないでしょう。新型コロナウイルスの流行をきっかけにフードデリバリーも普及しましたが、競争は激しいままです。収益が上がるわけでもなく、また飲食店の労働環境が大幅に改善する可能性も低いため、飲食は今後も「きつく」「金にならない」仕事である可能性が高いです。

キャリアアップや年収アップを目指すなら転職するべき

このように飲食業界の仕事を続けてもキャリアアップや年収アップを目指すことは難しいです。それどころか逆に、厳しい競争の中で年収が下がったり、閉店に追い込まれて職を失ったりしてしまう可能性もあります。将来の安定したキャリアや年収のアップを目指したいなら飲食業界から脱出して別業界に転職した方が良いでしょう。

飲食店勤務から別業界に転職できる?

転職を目指すなら20代や第二新卒が有利

飲食業界から別業界に転職することはもちろん可能です。ただし、年齢を重ねてしまうと採用してくれる企業も少なくなるため、転職が難しくなってしまう場合もあります。若い人材であれば物事の吸収が早く教育コストが少なく済むため、企業も積極的に採用してくれます。そのため、飲食から別業界に転職するには第二新卒や20代の方が可能性が高く、有利と言えるでしょう。

将来性の高い業界とは?

別業界への転職するといっても将来性の低い業界に転職してしまっては、キャリアアップや収入アップにはつながりにくいです。例えば飲食業界と同様、アパレル業界や宿泊業界は競争が激しい業界であり、また新型コロナウイルスの影響で非常に大きな打撃を受けています。

一方、将来性が高い業界の1つにIT業界があります。新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及したことや、家庭内やビジネスにおいてデジタル化が進んでいることからIT業界は今後も成長を続ける可能性が高いです。キャリアアップや収入アップを目指すならこのような将来性の高い業界を目指すと良いでしょう。

飲食店勤務の人のおすすめ転職業種とは?

飲食店勤務からの転職先として接客業が向いていると考える人も多いでしょう。しかし、接客業は先述の通りアパレル業界も含めて新型コロナウイルスや不景気の影響を受けやすく、あまりおすすめしません。

飲食業界で身につけたコミュニケーション能力を活かすならば営業職は1つのおすすめの業種です。顧客とのコミュニケーションの中で契約を勝ち取ってくる仕事であるため、営業職は高いコミュニケーション能力が求められます。

また、飲食店の店長として経理などを担当していたならば、経理などの事務職も候補となります。しかし一方で、これら営業職や経理職はビジネススキルや業界の知識も求められるため、難易度は高く、しっかりと勉強しなければならないでしょう。

一方、未経験の人も受け入れてくれる可能性が高いのはエンジニアなどの技術職です。IT業界が今後も成長を続けていくなか、プログラミングなどのスキルや知識を持っている人材は不足しています。そのためプログラミング未経験でもスクールなどに通ってスキルを身につければ、飲食業界からであっても転職できる可能性が高いでしょう。

別業界への転職に必要なスキル・能力とは

コミュニケーション能力

どのようなビジネスにおいてもコミュニケーション能力は必要になってきます。しかし、飲食店勤務のような接客業ではコミュニケーション能力は十分身についていると考えて良いため、そこまで心配する必要はないでしょう。

チャレンジ精神

ビジネスにおいて成功するためには新しいことに挑戦する気持ち、つまりチャレンジ精神が鍵となってきます。転職の面接時に「なぜ飲食業界を辞めたいのか」「どのような仕事にチャレンジしたいのか」といった熱意を伝えられるように準備しましょう。

ビジネススキル

ビジネススキルといっても様々なスキルがあります。例えばエクセルやパワーポイントといったPCスキル、プレゼンテーションスキル、業界の知識など転職先の業種や職種によって求められるビジネススキルは変わってきます。ただこれらは転職をした後に経験を積んで身につけるしかないので、転職前に深く考える必要はないでしょう。

エンジニアであればプログラミングスキルも

エンジニアに転職をするのであればある程度のプログラミングスキルも求められます。自力で学習するのでも大丈夫ですが、スクールに通ったり、オンライン学習サイトを利用したりする方が効率的でしょう。こちらのページも是非参考にしてみてください。

飲食業界からの転職方法 – おすすめの転職サイトと転職エージェント

転職方法としては転職サイトと転職エージェントを併用するのが一般的ですし、有利に転職活動を進めることができます。どちらも無料で利用できるので是非登録してください。

おすすめの転職サイト

おすすめの転職サイトとしてマイナビエージェントがあります。


こちらは大手サイトであるため案件数が非常に多く、またこのサイトから自分に適したエージェントを見つけることも可能です。

また第二新卒や20代での転職の場合はマイナビジョブ20’sという第二新卒専門の転職サイトもあるのでこちらも是非利用してください。

おすすめの転職エージェント

飲食業界からの転職を目指す第二新卒におすすめな転職エージェントにとキャリアスタートがあります。また、20代の営業職に特化した転職エージェントにベンチャーセールスがありこちらもおすすめです。これらのエージェントは全て無料で利用できるので積極的に利用しましょう。

キャリアスタート



キャリアスタートは第二新卒専門の転職エージェントです。極めて手厚いサポートをしてくれ、「何度も相談に乗ってくれた」「面接の練習を1社につき1時間以上してくれた」など口コミや評判が非常に良いです。単に転職のサポートをするだけでなく、「どのような仕事につきたいか」といったことや今後のキャリアについての相談にも乗ってくれます。第二新卒で飲食から別業界に転職するのは不安が非常に多いと思いますが、キャリアスタートはあなたが納得がいくまで向き合ってくれるため、信頼できる転職エージェントです。

<キャリアスタートへの無料相談はこちら>

ベンチャーセールズ



ベンチャーセールスは営業職専門の転職エージェントです。転職後の平均年収が603万円と高く、より良い条件で営業職への転職が望めます。飲食店で培ったコミュニケーション能力を営業職で活かしたいと考えている人は是非こちらを利用しましょう。

<20代営業特化型転職サービス【ベンチャーセールス】への無料相談はこちら>

エンジニアへの転職であればGEEK JOB



エンジニアへの転職を考えている人はGEEK JOBという転職エージェントがおすすめです。こちらはプログラミングスクールと転職エージェントが一体となっているサービスのため、プログラミングを学びながら転職活動を進めることができるため非常におすすめです。さらに最大の特徴としては無料でプログラミングを学べる点です。一般的なプログラミングスクールは月額10万以上かかるところもありますが、GEEK JOBは採用先の企業がスクール料金を負担しているため完全無料でスキル習得ができ、転職活動にも集中できます。利用にはいくつか条件があるので、無料の説明会や体験に参加してみてください。

<GEEK JOBの無料説明会・無料体験はこちら>

飲食業界から脱出してキャリアアップと年収アップを実現しよう

飲食業界は今後も厳しい状況が続くのでキャリアアップや年収アップを実現するために別業界に転職するのは良い選択肢だと思います。その際は「どのような業界があるのか」「どのような業種があるのか」といったことを転職エージェントと相談しながら自分のやりたいこと、自分に合う仕事を見つけていきましょう。

飲食業界からの脱出は第二新卒や20代などの若いうちに!