【転職】アパレル業界からOOへ!おすすめの転職先5選!

アパレル業界からの転職
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

IT化によってオンラインで服を購入することが一般的になった現代。

店舗型の販売を継続するお店は減ってきています。

さらに、国内に猛威を振るった新型コロナウイルスによって外出する人が減り、売り上げが低下したため、出勤日数が減った販売員もいるのではないでしょうか?

今回は、厳しい状況が続いているアパレル業界からの転職先としておすすめの業種・職種を5つご紹介します。

 

営業職

転職先と聞いて一番に思い浮かべることができるのが、営業職です。

その理由は販売と営業は似ている部分が多いからです。

似ている部分があるということは、入社後すぐに即戦力として働くことができるということです。

アパレル店員は接客を通して、服の購入率を上げるための個人営業をしていたと考えることができるでしょう。

月の個人や店の売り上げをグラフなどで把握し、次の月はより上を目指していこうという目標の設定位置も似ています。

そのため、営業の利益を追うスタンスに戸惑うことなく仕事に慣れることができるでしょう。

面接では今までどれだけ売り上げを上げることができたかなどを具体的な数字と共に話すといいでしょう。

これまで培ってきた接客力や数字を追う力が入社後どのように生かせるのかを話してもいいですね。

事務職

事務職とはコールセンターでの電話相談や会社でのPC作業などの事務を行う職種です。

中小企業であれば常にどこかしらの募集があると思います。

コールセンターでの電話対応は接客業務と等しいので、コツをつかめばすぐに結果を出すことができるでしょう。

また、PC作業はデータ入力など簡単に始められるものが多いです。

経験を直に活かすことはできないかもしれませんが、座って仕事をしたい人におすすめです。

経理職を希望するのであれば、日商簿記検定などの資格を取っておくと採用がスムーズにいくでしょう。

美容業界

業種で言うと美容業界がおすすめです。

業界として親和性が高いからです。

お客さんがお気に入りの服やオシャレな服を身にまとう手助けをするアパレルとメイクや髪形などを変えることでオシャレな自分やなりたい自分になる手助けをする美容系。

どちらとも、お客さんに対する考え方や接し方が似ていると思います。

販売員は辞めたいけどお客さんをオシャレにする仕事に就き続けたいと思っている人におすすめです。

ただし、職種によっては資格が必要な場合があるのでご注意ください。

アパレルメーカー(オンライン専門を含む)

アパレルメーカ―など販売の前の段階に携わる道もあります。

服が好きで、素材やデザインに興味がある人、こだわりがある人はアパレルメーカーへの転職がおすすめです。

入社後すぐにデザインはできないかもしれませんが、より良い服を作るために営業したり、新しい服のスタイルを提案することはできるでしょう。

アパレルの販売員として働いていた時よりも、服に深く関わることができると思います。

 

また、オンラインで服販売を行っている会社に就職する道もあります

アパレル業界の売り上げはコロナウイルスの影響によって全体的に減少していますが、オンライン上での売り上げを増やしている企業もあります

若い世代向けに韓国や中国、台湾から輸入した服を販売している会社や地元のオリジナル素材を使った服を販売している会社、ヴィンテージものを販売している会社など、オンライン上には様々な会社があります。

そのような会社では、英語や中国語などの言語ができれば買い付けや海外営業のポジションをもらうこともできると思います。

大手ブランドに比べて規模は小さいかもしれませんが、その分会社の意思決定に1社員として携わることができるでしょう。

将来自分の手で会社を動かしてみたい人や自分だけのブランドを作りたい人はいい経験になると思います。

また、店舗がない分大幅なコスト削減ができているので、売り上げを伸ばしている企業に入社すれば販売員だった時より年収を増やすことができるでしょう。

IT業界

20代や第二新卒であればIT業界への転職もおすすめです。

IT業界は人手が少なく、募集が多い業界です。

20代で転職するとなるとまだ販売員しか経験していない人も多いでしょう。

そのため、IT業界では販売員としての経験を直に活かすことはできないかもしれませんが接客業で培ったコミュニケーション能力は必ず活かせます

また、IT業界と一口に言っても様々な分野があります

20代でも販売員+αの経験がある人はピッタリの分野を選べば、その経験を最大限に活かせるかもしれません。

  • 販売員時代にマーケティングを行った経験がある人はITマーケティングを合わせた、デジタルマーケティングを行っている会社がピッタリでしょう。
  • PRや広報に興味がある人はインターネット広告代理店に転職する道もあります。
  • 年収を増やしたい人はAIに投資している企業やデータアナリストになる方法もあります。
    それ相応の勉強が必要ですが、今波に乗っている業種・職種であるため、比較的稼ぎやすいと言えます。
  • Excelやマクロを使い、パソコンでの入力業務を行っていた人はエンジニアなども挑戦できるでしょう。

人手不足が叫ばれている現代では未経験でもエンジニアに転職できるサイトが増えています。

そのようなサイトを使って、転職をすることも視野に入れてみましょう。

ただし、中には派遣型のブラックな企業も含まれているので注意が必要です。

IT業界への転職は、新しいことに挑戦してみたいと思っている人におすすめです。

 

アパレル業界から転職しよう!

今回は、アパレル業界からの転職先としておすすめの業種・職種を5つご紹介しました。

  • 営業職:接客経験を活かしたい、即戦力として働きたい人におすすめ
  • 事務職:座って仕事をしたい、電話対応やパソコン業務などが苦ではない人におすすめ
  • 美容業界:お客さんを綺麗にオシャレにし続けたい人におすすめ
  • オンライン専門を含むアパレルメーカー:服に携わり続けたい、将来自分のブランドを作りたい、語学力を活かしたい、年収を上げたい人におすすめ
  • IT業界:新しいことに挑戦したい、年収を上げたい人におすすめ

将来的に年収を上げたいと思っている人はアパレルメーカーやIT業界への転職という選択肢を考えてみてください。

自分の経験や目標に合った転職先を見つけられるといいですね。