【第二新卒で別業界のエンジニアへ】必要3スキルと転職方法

第二新卒全般
Pocket
Share on Facebook
LINEで送る

学校を卒業した後就職したけれどやっぱり別業界の仕事をしたい、と考えている人は少なくありません。特にエンジニアは転職先として非常に人気です。別業界のエンジニアに転職するなら第二新卒がチャンス!エンジニアに求められる能力やエンジニアへの転職方法を解説します。

就職したけれどすぐに今の仕事が面白くない

大学などの学校を卒業して無事就職したものの、「仕事が面白くない」と感じる人も多いです。特になんとなく就活をしていた人は、今いる業界に興味や関心がないことに仕事を始めてから気付くこともあるでしょう。
社会人になってから「他の仕事がしたい」「他の業界に行きたい」と感じた人は思い切って第二新卒で転職にチャレンジしてみるのも選択肢の1つです。

第二新卒だからこそ別業界でもエンジニアに転職できる!

別業界、特にエンジニアに転職を考えている人は多い

キャリアチェンジして別業界に転職をしようと考える人は最近増加しています。特にエンジニアは将来性も高く、プログラミングなどのスキルを持っている人材が少なく需要が高いため、人気の職種の1つです。プログラミング未経験でも転職が可能である場合もあるため、別業界への転職を考えている人にとってエンジニアも選択肢として是非考えてみてください。

エンジニアは求人も多い

近年様々な生活の場面でデジタル化やIT化が進んでいるため、ITが熱い業界の1つとなっています。人材が足りていないため就活市場や転職市場での需要が高く、大企業からスタートアップまで様々な企業が求人を出しています。そのため転職のチャンスが非常に多いです。プログラミングが未経験だからといって、エンジニアやIT業界を転職先の選択肢から外すのはもったいないです。

未経験でエンジニアに転職するなら第二新卒がチャンス

プログラミング未経験でもエンジニアへの転職は可能ですが、やはり物事を早く吸収し習得できる若者の方が転職が成功する確率は高いです。そのため、「社会人になってから数年以内に転職を目指す求職者」である第二新卒は未経験でのエンジニアへの転職は比較的有利であると言えるでしょう。今の業界が面白くなく、エンジニアに転職したいと考えている人はチャンスを失わないうちに早めにチャレンジしましょう。

エンジニアとは?どんな企業がある?

エンジニアの仕事は設計者。プログラマーとの違いとは

「ITといえばエンジニア」というイメージが先行していますが、エンジニアとは実際どういう仕事なのでしょうか?

一言で言うとエンジニアの仕事は「設計者」です。クライアントの要望などを聞き、大まかなシステムの設計をします。その「設計図」に基づいて実際にコードを書くのがプログラマーです。そのため、エンジニアはプログラマーほどプログラミングの細かいスキルが必要とされない場合もあります。しかし、プログラミングの設計をするためにはある程度のプログラミングの知識やスキルは必要となってきます。

IT業界やエンジニアと言ってもさまざま

IT業界と一括りにされることが多いですが、IT業界にも様々な企業があります。大企業かスタートアップかで行っている仕事が全然違いますし、ソフトウェアやアプリ、web系など色々な分野があります。詳しくは是非こちらのページも参考にしてみてください。

また、「プログラマーは設計者」と先ほど書きましたが、これも企業によって求められるスキルや能力が異なってきます。そのため、実際に転職の応募をする前に、「どのような企業か」「どのような仕事内容か」をしっかり確認するようにしましょう。自力でリサーチをするのも限界があるので、転職エージェントにも相談して、自分の希望条件やスキルにマッチした求人に応募するようにしましょう。

エンジニアになるために必要なスキル・能力3つ

プログラミングスキル

元請けなのか下請けなのかといった企業の性質によっても程度は異なりますが、エンジニアはシステムの「設計者」です。「どのようなプログラミング言語を使ってどのようにシステムを構築するか」を考えることができなければなりません。そのため、エンジニアになるためにはある程度のプログラミングのスキルや知識が必要になります。

論理的思考力

プログラミングができればエンジニアになれるという訳ではありません。プログラミングを書き、設計できるようになるためには、「何をどこにどう使うか」「なぜそのように設計するのか」「どのようにすれば効率的なプログラムが書けるか」といった論理的思考力が必要になります。ただ、こちらはプログラミングを学習していく中で身につけていくことが可能です。

コミュニケーション能力

エンジニアは顧客とのコミュニケーションの中で要望をヒアリングし、チーム内で共有し、協力しあうことで最適なシステムの設計をします。そのためプログラミングを書く専門であるプログラマーと比べて、エンジニアはより高いコミュニケーション能力が必要になります。

未経験からプログラミングを学ぶにはどうしたら良い?

自力で学ぶのは限界がある

プログラミングが未経験の状態で別業界のエンジニアに転職する場合、プログラミングのスキルをある程度身につけていないとハードルが高いでしょう。もちろんエンジニアに転職してから業務と並行して学ぶことも可能ですが、最初からスキルを持っていた方が転職の成功確率も上がります。しかし、プログラミングを自力で学ぶには限界があるのも事実です。というのも、

  • 今の仕事や転職と並行しながらプログラミング学習のモチベーションを保つのが難しい
  • 自分に合ったレベルの教材が見つからない
  • 自己流で学ぶと非効率になる

など自分1人でプログラミング学ぶにはかなりの努力とモチベーションが必要になります。効率的に短時間でプログラミングを学ぶには

  • プログラミングスクールに通う
  • オンライン学習サイトを使う

の2通りのやり方があります。以下それぞれについておすすめのスクールやサイトをご紹介します。

プログラミングスクールに通う

プログラミングをゼロから最も短期間で学ぶ方法はプログラミングスクールに通うことです。費用は多少かかりますが、PCなどを持っていない場合はスクールのものを利用できます。また、カリキュラムが整備されているため自分に合ったレベルの教材を使用でき、マンツーマンで指導してくれるところもあり、自分のペースに合わせて学習を進めることが可能です。別業界のエンジニアに転職する際におすすめなスクールとしてはGEEK JOBCodeCampGATEです。後ほどこちらで解説しますが、この2つはスクールと転職エージェントが一体となっているため、スクールに通う手間と転職エージェントを探す手間を少なくすることができます。

オンライン学習サイトを使う

プログラミングスクールの費用が高いと感じる人はオンライン学習サイトを利用するのもよいでしょう。最近はこのようなサイトもカリキュラムが充実しており、安く、自分のスケジュールに合わせて学ぶことができます。

Udemy

おすすめのサイトの1つはは世界最大級のオンライン学習サイトUdemyです。



Udemyでは、様々なプログラミング言語のコースをお手頃な値段で受講することができます。世界最大級のオンライン学習サイトであり、ラインアップも豊富です。またプログラミングだけでなく、ビジネス英語やプレゼンテーションノウハウなどその他のビジネススキルを学ぶことも可能なので、別業界への転職で新たにスキルや知識を身につけたい人にはおすすめのオンライン学習サイトです。

<世界最大級のオンライン学習サイトUdemyへの登録はこちら>

Graspy

Graspyもオンラインでプログラミングなどを学ぶことができるプラットフォームになります。こちらは転職サイトと一体となったサービスで無料で利用できるのが特徴です。またサービスがスタートしたばかりなので、求人を出している企業や学習プログラムなどが限られていますが、無料で学習できるので、試しに使ってみるのもありでしょう。

<Graspyへの無料登録はこちら>

第二新卒でエンジニアに転職する3つのおすすめ方法

第二新卒で別業界のエンジニアに転職する方法は

  1. 転職サイトに登録する
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 知り合いに紹介してもらう

の大きく3通りがあります。それぞれについてやり方やおすすめを解説します。

転職サイトに登録

第二新卒で転職を目指すためにはまずは転職サイトに登録しましょう。おすすめはマイナビジョブ20’sです。


こちらは第二新卒と20代の転職専門の転職サイトなので、より自分に適した求人案件やエージェントが見つかる可能性が高いでしょう。

転職エージェントに登録。おすすめ3選!

GEEK JOB

別業界へのエンジニア転職で最もおすすめなのはGEEK JOBです。



こちらは「異業種/未経験からエンジニアに」というスローガンでサービスを提供していて、プログラミング学習とエンジニアへの転職エージェントが一体となっています。プログラミング未経験の状態からエンジニアに転職する際には最もおすすめのサービスです。しばらく受講してから退学したり、内定を辞退したりすると違約金が発生するので注意が必要ですが、受講料はなんと無料です。本気でエンジニアへの転職を考えていて、プログラミング学習に本気で取り組みたい人には超おすすめです。

<GEEK JOBへの登録はこちら>

CodeCampGATE


こちらもプログラミングスクールと転職エージェントが一体となったサービスになります。こちらは入会金が3万円、受講料が45万円(4ヶ月)ですが、一般的なプログラミングスクールと同じくらいの値段で転職支援サービスを受けることができるのでおすすめです。

<未経験から4ヶ月でwebエンジニアへ【CodeCampGATE】への登録はこちら>

キャリアスタート



キャリアスタートは第二新卒向けの転職エージェントになります。GEEK JOBやCodeCampGATEのようにプログラミング学習サービスはありませんが、無料で転職支援を受けることができます。そのため、オンライン学習サイトを使ってプログラミングスキルを身につけ、転職はキャリアスタートにお願いするという方法も低コストで良いでしょう。

<キャリアスタートへの無料相談はこちら>

スタートアップなどは知り合いの紹介も

知り合いにエンジニアの方がいる場合、その人の企業に紹介してもらうという方法もあります。大手企業は難しいかもしれませんが、スタートアップ企業であれば気軽に相談でき、アルバイトという形からスタートさせてくれるところもあります。実際筆者も知り合いの方にITベンチャー企業でアルバイトを紹介してもらった経験があります。1つ注意点としては、知り合いからの紹介で内定をもらった場合、内定を断るのはなかなか難しいので慎重にしましょう。

別業界に転職してエンジニアとしてのキャリアを築いていこう

第二新卒で別業界に転職することは全く恥ずかしいことではありません。新型コロナウイルスの影響で様々な業界がダメージを受ける中、IT業界は非常に好調ですし、エンジニアという職業は今後のキャリアアップや収入アップという点では申し分ありません。20代であればいくらでも軌道修正可能なので、迷っているならチャレンジしてみましょう!

別業界のエンジニアに転職するには若いうちがチャンス!