<求人・転職に関するコラム情報一覧>|飲食店の転職・求人ならフードサービス転職コンサルタント

>飲食求人サイトTOP >コラム一覧
拡がる「禁煙」の流れ 飲食店にも大きな影響が
拡がる「禁煙」の流れ 飲食店にも大きな影響が
東京五輪に向けて、さまざまな取り決めがなされています。
その中でも「飲食店での禁煙条例」が印象的。

五輪までにすべての公共機関、飲食店を禁煙にしていきたいという舛添知事の発表は飲食業界に大きな影響を与えていることでしょう。
日本には既に飲食店内の禁煙に取り組んでいる県、飲食チェーンがあるので、その事例を紹介いたします。





【あこがれの職業】 パティシエになる方法
【あこがれの職業】 パティシエになる方法
男女問わず子供たちの間で人気の高い職業の1つであるパティシエ。
長年の夢をかなえるためにパティシエになろうと飲食求人を探している方もいると思います。

ではパティシエという職業にはどうやってなるのでしょうか。
パティシエになる方法がわからず二の足を踏んでいる方のためにパティシエになる方法を紹介します。
ぜひ夢をつかんでください。





新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」
新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」
最近はニュースなどで立ち食いスタイルの飲食店が取り上げられています。

昔から立ち食いそばや立ち飲み屋などはよくありましたが、今までと全く異なる料理カテゴリの立ち食いが増加傾向にあり、一つのブームであると言ってよいでしょう。

今回は立ち食いブームについて触れていきたいと思います。





独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット
独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット
飲食店を経営したいという考えの人はどうしても「独立」という言葉ばかりに注目してしまい、自分だけの新店に固執してしまいます。

しかし、飲食店経営者になるという目的は「フランチャイズ制度」の活用でも果たせるのではないでしょうか。
飲食業界で有名なチェーン店が直営店とは別に個人事業主・企業に加盟店として運営を任せる制度をフランチャイズといいます。





高級志向? そば? 飲食業界の新しいトレンドとは
高級志向? そば? 飲食業界の新しいトレンドとは


新卒・転職に関わらず社会人として働く際に気になるのは、
働く業界の現状です。

働く業界が不景気ならば、給料や雇用、仕事内容に影響を
与えかねません。
飲食業界も景気に左右されてしまうものです。
飲食業界への転職を考えているのならば、しっかりと
現在のトレンド・動向を把握しておきましょう。





「店長以上」をめざす人のための就職先飲食店の選び方
「店長以上」をめざす人のための就職先飲食店の選び方


飲食の仕事を長期的に続けていくつもりなら、飲食業界での
キャリアアップについては、しっかりと考えておきたいところです。

店舗の一スタッフから店長へ。厨房スタッフから料理長へ。
一店舗を管理する店長から、複数店舗を管理するエリアマネージャーやスーパーバイザーへ。
あるいは、商品開発やプロモーションなどに関わる本部勤務へというキャリアアップの方向性も考えられます。





飲食業界で初めて転職を考える方が重視したいポイント
飲食業界で初めて転職を考える方が重視したいポイント

飲食業界で働いていると、業績や職場環境、働き方などから
転職を考える時があります。

しかし、初めて転職活動をする方にとっては、同じ飲食業界での転職でも、新しい職場の選び方というものがわからないのではないでしょうか。





【異業種から飲食業界へ】 経験を活かした転職を!
【異業種から飲食業界へ】 経験を活かした転職を!

飲食業界から異業種への転職は多いですが、逆も意外に多いって知っていましたか?

異業種で働いていたけれど、さまざまな理由から飲食業界へ飛び込んでくる方がたくさんいらっしゃいます。
しかし、異業種で覚えたスキル・能力を無駄にはしたくないですよね。





ポイントを押さえよう!外食転職を成功させるには
ポイントを押さえよう!外食転職を成功させるには
飲食業界で働いている人で、レベルアップするために「外食転職」を試みる方も多いのではないでしょうか。

しかし、外食転職・人材採用というものは当人にとってだけではなく企業側からも大きな選択を迫られるもので、アピールできるポイントを理解して転職に臨まなければなりません。

外食転職を成功させるためにはどのようなアピール方法が効果的なのでしょうか。





飲食でのキャリアアップと現場でのスキルアップの関係は?
飲食でのキャリアアップと現場でのスキルアップの関係は?
飲食業界で管理職や開発職に就くのが目標であったとしても、まずは店舗スタッフとしてのスキルアップが不可欠であると言えます。
特に開発関連の仕事は未経験で就くことは極めて稀です。

店舗スタッフは、顧客と直接に接することの多い職務です。
現場の一員としてスキルアップしていくことにより、顧客に求められている商品やサービスを肌で感じ取れるようになるものです。





成功する就職・転職は飲食求人情報の見方から!
飲食求人情報の見方① 待遇をしっかり確認
気になる飲食求人情報を見つけたら、まずは待遇を確認しましょう。
特に職種、雇用形態、給与については応募前にしっかりと確認しましょう。
それぞれの見方のポイントは下記の通り。

・職種
飲食店の業態や実際の仕事内容を確認しましょう。
本部スタッフの募集の場合でも店舗研修の可能性があります。




自分らしく生きる!飲食店で独立開業する方法
飲食店で独立開業する方法① 決意とそれを維持し続けること
独立開業して飲食店を始める方法の第一歩は、「独立開業する」と決意することです。
飲食に関わる仕事に就いている多くの人が「いつかは自分の店を持ちたい」と語るものです。

単に将来の夢として漠然と思い描き続ける人と、具体的な目標として実現に向けた方法を進めていく人との差は、結局はその人に「独立開業する」という決意があるかどうかの差になります。

この決意を常に維持しながら今の仕事に取り組むのが大切です。