新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」|飲食店の転職・求人ならフードサービス転職コンサルタント

>飲食求人サイトTOP >コラム一覧>新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」
新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」
このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい飲食店経営 大ブームの「立ち食いスタイル」
最近はニュースなどで立ち食いスタイルの飲食店が取り上げられています。

昔から立ち食いそばや立ち飲み屋などはよくありましたが、今までと全く異なる料理カテゴリの立ち食いが増加傾向にあり、一つのブームであると言ってよいでしょう。

今回は立ち食いブームについて触れていきたいと思います。
ブームの理由
近年ブームになっている立ち食いスタイルの飲食店はイタリアン・フレンチ・和食・焼肉とジャンルが豊富です。

従来だと忙しいサラリーマンのために駅のホームなどに立ち食いそば屋が設置されていることが多々ありました。
この場合、立ち食いの「手軽さ」「素早さ」がニーズとなっていて、どうしても「料理の質」は二の次とされてしまいます。

しかし、ブームの渦中にある立ち食い飲食店はクオリティの高い商品を提供しているのです。
値段もクオリティと比較すると安価で、顧客はコストパフォーマンスの高いサービスが受けられ、これが人気の理由だと言えるでしょう。
何故安価に食べられるのか
高品質な料理を安価で食べられることをブームの理由としてあげるのならば必然的に「なぜ安くできるのか」という疑問が湧くのではないでしょうか。

飲食店としても人気が上がることは大切ですが、それ以上に利益に注目しなければなりません。
いくら人気があっても毎月赤字では商売として成り立たないのでは? と考えてしまいますよね。

実は立ち食いというスタイルは利益を生み出しやすい仕組みになっているのです。
原価率・回転率
飲食業界において、原価率は非常に大切な数値。
原価率を上げすぎると利益がでませんし、原価率を下げすぎると販売価格が高くなり、顧客に見向きもされません。

飲食業界では原価率を30%程度に抑えるべきだと言われているのですが、立ち食いスタイルならば原価率50%でも経営出来るのです。
立ち食いスタイルだと椅子が無いのでスペースをとる設備が少なくなります。

設備のスペースがなくなる分、多くの顧客を招くことができるので、初期投資を抑えつつ営業を成り立たせることが可能となるのです。
立ち食いスタイルの大きなメリットとして「手軽」であること。
時間によっては5分程度で完食・退店するお客様もいらっしゃるので、回転率を上げることができます。

この回転率も飲食業界において大切な指標です。
通常の飲食店などは食べ終わってから落ち着いてしまい、立ち上がって外に出るのが億劫になってしまうのですが、立ち食いスタイルではサッと帰る人も多く、回転率を上げることができます。
これらのことから、原価率を上げつつも利益を生み出すことが出来るのです。

「できる限り費用を抑えたい」「忙しいので時間をかけたくない」と考えがちな現代人にマッチした営業形態である立ち食い。
ニーズに合わせたサービスならば需要が高まるのは当然のことです。
現在の日本の在り方を見て、柔軟に営業スタイルを変えていくことも一つの飲食店経営のテクニックだと言えるでしょう。