独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット|飲食店の転職・求人ならフードサービス転職コンサルタント

>飲食求人サイトTOP >コラム一覧>独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット
独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加
独立の一種「フランチャイズ加盟」のメリット・デメリット
飲食店を経営したいという考えの人はどうしても「独立」という言葉ばかりに注目してしまい、自分だけの新店に固執してしまいます。

しかし、飲食店経営者になるという目的は「フランチャイズ制度」の活用でも果たせるのではないでしょうか。
飲食業界で有名なチェーン店が直営店とは別に個人事業主・企業に加盟店として運営を任せる制度をフランチャイズといいます。

今回はこのフランチャイズ制度のメリット・デメリットについて触れていきたいと思います。
経営者になるための1つの方法として参考にしてください。
フランチャイズのメリット
まず、自分の力で立ち上げるよりも圧倒的に手っ取り早いという点が加盟のメリットとして挙げられます。
個人での独立の場合ですと、他の飲食店で何年も修業をして力をつけ、メニューなどの開発も自分で頭を悩まさなければなりません。

フランチャイズ加盟店ならば、知識・経験が乏しくてもフランチャイズ本部がノウハウをしっかりと指導してくれるので下積み・研究などの期間を著しく短縮できます。

さらに、フランチャイズをするチェーン店は飲食店の中でも知名度があるので、販売促進・顧客獲得に苦労しないでしょう。
名前だけで信頼度があるので、自然とお客様は入店してきます。
お客様は本部も加盟店も同じように扱ってくれるでしょう。
フランチャイズの金銭的デメリット
加盟には金銭的なデメリットが大きいでしょう。
フランチャイズの加盟には加盟金・保証金に加えて、他にもさまざまな部分で本部に支払わなければならないので、普通の独立と同じくらいの費用が必要となります。
加盟店として独立した後もロイヤリティーを本部に支払わなければなりません。

ロイヤリティーの支払いもさまざまです。
・粗利分配方式(加盟店の利益×~%)
・売上歩合方式(加盟店の売上×~%)
・定額方式


売上が悪い状態でロイヤリティーが重くなると借金が増える一方で悪循環に陥ってしまうかもしれません。
フランチャイズの経営デメリット

経営の大半が制限を受ける部分も加盟店の辛いところ。
本部に経営状況を報告しなければならないですし、価格帯も勝手に変更してはいけません。
仕入れのルートを変えることもNGであることも多いので「飲食店の経営者」という気持ちになりづらいかもしれません。

悪質なものだと「オープン屋」というものがあります。
フランチャイズの加盟を募集し、加盟希望者から初期費用を徴収し、その後は何もしないというフランチャイズ本部も存在するのです。
オープンさせるだけの詐欺のようなケースには気を付けてください。

活用次第ではとても魅力的な制度なのですが、上手い活用が出来なかった時には個人店の独立と同様、あるいはそれ以上の損失が生じてしまいます。
悪質なフランチャイズ店も増えているので、もし加盟を考えている方がいるのならば、事前に情報を仕入れて、信頼できるかどうかを見極めてからでも遅くはないですよ。