<求人・転職に関するコラム情報一覧>|飲食店の転職・求人ならフードサービス転職コンサルタント

>飲食求人サイトTOP >コラム一覧>ポイントを押さえよう!外食転職を成功させるには
ポイントを押さえよう!外食転職を成功させるには
ポイントを押さえよう!外食転職を成功させるには
飲食業界で働いている人で、レベルアップするために「外食転職」を試みる方も多いのではないでしょうか。

しかし、外食転職・人材採用というものは当人にとってだけではなく企業側からも大きな選択を迫られるもので、アピールできるポイントを理解して転職に臨まなければなりません。

外食転職を成功させるためにはどのようなアピール方法が効果的なのでしょうか。

「若さ」を武器に外食転職を目指そう
年齢が若いというのは大きなアピールポイントとなります。
若年齢層のほうが仕事を覚えることやスキルを習得するのが早いと考えられています。

働ける期間は年齢が上がれば上がるほど短くなってしまうものなので、未来がある若い人材を企業側は求めています。

また、アルバイトを多く雇う外食業界ですが、アルバイトの年齢も若い人が多いので、年齢が近くコミュニケーションをとりやすいのもアピールできる魅力の一つと言えるでしょう。
ただし、「若い」ことがネガティブととらえられることもあります。
「飽きっぽい」「ちょっと辛いとすぐ辞める」という話も耳にします。

転職に目的があり、長期で勤務する気持ちが強いということをしっかり伝えられると更なる好印象となるようです。
崩れた「35歳転職限界説」 中年にも優しい転職事情
外食転職において、高齢者は確かに厳しい状況にあるかもしれませんが、最近の情勢では以前に比べると可能性が見えてきました。

数年前までは転職成功者の年齢分布は29歳を下回りましたが、2013年10~12月の調査では31.9歳と大幅に増加しています。
年功序列型の給与制度が崩壊したことや「年下の上司」の存在が認められてきたことで高齢者の転職を受け入れやすくなったと言えます。

高齢者は細かいことによく気づき、知識が豊富なので若いアルバイトに的確なアドバイスができるなどアピールポイントもあり外食転職に成功する可能性は十分あります。

また、「体育会系」のイメージが当てはまる方が多い年代でこと、また年齢で負けるという悔しい転職活動を経験した方が多い年代であること、若い世代よりも我慢強い年代であることから、40~45歳あたりの社員を積極採用している企業も以前に比べ多くなっているのではないでしょうか?
「即戦力」というプラスの印象を持たれ始めているようです。

※「高齢者」という表記は60歳以上というイメージを与えませんか??
また、参考URL内では外食・小売は29.3歳という記載がありましたが・・・。

アピールポイントはスキル!経験を強みに転職を
即戦力」となる人材に企業は興味を示すもので、それだけでアピール可能です。

外食業界は専門的な知識やスキルしかないわけではなく、似通った能力を求めている所も多いので外食業界で働いていたという実績は外食転職において大きなアピールポイントとなるでしょう。
未経験の場合の外食転職

外食転職において、若さがなく未経験というのは難しいかもしれません。
ですが、企業側にやる気や外食業界に向いている思考パターンをアピールすることが大切でしょう。

また、数字に強い方ならば近い将来経営というステージでの仕事を求められている可能性があります。
前職で経営管理等のノウハウを持っているのならば存分にアピールすることが大切です。

バイトで外食業界を体験し、そこから正社員を目指すのも一つのアプローチ方法でしょう。
特に外食業界ではアルバイトから正社員になるケースが多いので、外食転職にこだわらずアルバイトから始めるというのは有効な手段だと言えます。